綴られし歴史の館

アクセスカウンタ

zoom RSS イチゴの名の付く植物について

<<   作成日時 : 2007/05/20 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Catch it in the strawberry filed.
 
先日、ヘビイチゴの事がよく分からないから調べると宣言しましたので、色々探して調べてみました。
 
イチゴはバラ科の植物で、名前にイチゴと付くモノは沢山あります。
それらは
オランダイチゴ属
ヘビイチゴ属
キイチゴ属
キジムシロ属
に大別されますが、キジムシロ属の植物はイチゴ型の果実がつかないので上記三属を中心に話をすすめたいと思います。
 
オランダイチゴ属には、普通にスーパー等で売っているイチゴであるオランダイチゴなどがあります。果実は甘く、食用に適しています。
 
ヘビイチゴ属には、ヘビイチゴやヤブヘビイチゴがあります。両方とも多年草で日本に広く分布しています。黄色い五弁の花やツブツブのある赤い実がよく似ていますが、実や大きさが違うので見分けられます。
ヘビイチゴは全体的に小さく、白っぽい実の上に表面がデコボコした赤い種子であるツブツブがびっしりついています。
一方、ヤブヘビイチゴはヘビイチゴより大きく、実もツブツブも赤くデコボコがない艶のある実を付けます。
甘味がなく無毒ですが、どちらも美味しくなくので食用にならないようです。
 
キイチゴ属には沢山の種があるみたいで、検索してみたらスゴイ数になりました。落葉低木で、刺があります。栽培種には有名なラズベリーとブラックベリー、原生種にはモミジイチゴ、バライチゴ、フユイチゴなどがあります。実の形はラズベリーみたいな小さい玉の集合体で、色は赤や橙や黄色に黒と様々です。勿論食べられます(笑)
 
一口にイチゴといっても様々な種類がありましたが、有毒な植物は無いようです。ですが自然界には一見無毒に見える有毒植物がありますので、皆様気を付けてくださいね。
 
余談ですが、小さい頃から家にある図鑑の索引を見たら、いちごの部分に鉛筆で印がつけてありました。昔調べたことがあるのかも知れませんね(-_-)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イチゴの名の付く植物について 綴られし歴史の館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる